気になるマメ知識。

テニスのルールの1つ!コートチェンジのタイミングを調べてみた!!

スポンサードリンク


テニスのルールの1つ!コートチェンジのタイミングを調べてみた!! 

2014年の大躍進によって、
世界ランキングが4位(シングルス)まで上げた
テニスプレーヤーの錦織 圭 選手。

 

彼の活躍によって、テニスに興味を持ち、
試合を観始めた方も多いのではないでしょうか?

 
20150327
 

ただ・・・、
テニスのルールって結構複雑なので、
初めて見る方には結構ハードルが高いのでは?
と思います。

 

因みに、私が通っているジムのトレーナーさんも同様で、
「錦織選手の活躍でテニスを見始めたけれど、ルールが難しい・・・。」
とボヤいていましたよ。(苦笑)

 

そんなボヤきの中の1つに、
「コートチェンジのタイミングがわからん・・・。」
というものがありました。

 

言われてみれば、確かに、
野球は先攻⇄後攻、サッカーは前半→後半で入れ替わりますが、
テニスの場合はそれらのスポーツとは実は少し異なるんです。

 

そこで、今回は
「テニスのコートチェンジのルールはどうなっているの?」
という点についてご紹介したいと思います。

 

 

 

先ずはテニスの試合のルールをおさらいしよう

 

コートチェンジのルールをご紹介する前に、
テニスの試合のルールをおさらいしておきましょう。

 

もし、
「私は、試合のルールは知ってます!」
という方は、読み飛ばしてしまって大丈夫です。

 

それでは、試合のルールを簡単にご説明します。

 

テニスの試合は、

 ポイント
 ↓
 ゲーム
 ↓
 セット
 ↓
 マッチ

という4つで構成されています。

 

この4つは、それぞれ

 ポイント:サーブから始まる1回のプレーで勝つと得られるもの。
 ↓
 ゲーム :4ポイントを先取した方が勝ち。
 ↓
 セット :2ゲーム以上の差を付けて6ゲームを先取した方が勝ち。
 ↓
 マッチ :3セットマッチなら2セット、5セットマッチなら3セットを先取したほうが勝ち。

といるルールになっています。

 

なので、ポイントを重ねていきながら、
ゲーム→セットを相手よりも多く先取していき、
最終的に「マッチ」を先取するというのが、
テニスの試合の基本的なルールになります。

 

もし、知らなかった方は、
今後のテニス観戦の参考にしていただけたら嬉しいです!

 

 

 

コートチェンジのルールをご紹介

 

さて、なぜ上で試合のルールをお話したのかというと、
それは勿論コートチェンジのルールと関係しているからです。

 

実は、テニスのコートチェンジは、
「ゲームの数が『奇数』のタイミングに実施される」
というルールになっているんです。

 

例を挙げると・・・、
例えば、ゲームのカウントが「3-2」の場合、
ゲーム数の合計は「奇数(3+2=5 )」となるため、
コートチェンジが行われることになります。

 

しかし、ゲームのカウントが「5-3」の場合、
ゲーム数の合計は「偶数(5+3=8)」となるため、
コートチェンジは行われない、となるわけです。

 

スポンサードリンク


 

 

コートチェンジのルールに関する注意点

 

ただし、上でご紹介したテニスのコートチェンジのルールには、
注意しておかなければならないことが2つあるので、
ここで補足をさせていただきます。

 

 

1つ目の補足は、奇数でのコートチェンジは、
「1セット単位で考えるのではなく、1マッチ全体で考える」
ということです。

 

例えば、第1セットのゲームカウントが「6-4」、
第2セットのゲームカウントが「6-2」だった場合、
ゲーム数の合計は「偶数(6+4+6+2=18) 」となるので、
第3セットの第1ゲームではコートチェンジが行われず、
1ゲーム終了後に行われるというわけです。

 

 

2つ目の補足は「タイブレーク」についてです。

 

因みに、タイブレークと言うのは、
あるセットのゲームカウントが「6-6」となった場合に適応される、

・7ポイントを先取したほうが勝ち
・ポイントが6-6になった場合、2ポイント差を付けたほうが勝ち

というルールのことです。

 

タイブレークに上記のルールが適応されることに伴い、
コートチェンジのルールも変更され、

「6ポイント毎にコートチェンジを行う」

という形になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は
「テニスのコートチェンジはどういうルールなの?」
ということについてご紹介してきました。

 

簡単にまとめると

・コートチェンジは、試合全体のゲーム数が奇数の時に行われる
・タイブレークの場合に限り、6ポイント毎にコートチェンジが行われる

となります。

 

是非、今後のテレビや生でのテニス観戦の際に
今回ご紹介した情報をお役立ていただけると幸いです。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP