気になるマメ知識。

夏至と冬至で昼間の時間差はどれくらいあるの?

スポンサードリンク


夏至と冬至で昼間の時間差はどれくらいあるの? 

こんばんは。

 

カレンダーをちらりと見たところによると、
今年(2015年)の「夏至」6月22日(月)のようですね。

 

これまでの過去10年間の夏至の日付を見ると、
6月21日に当たる年が多かったようなので、
6月22日の今年は、ちょっとした当たり年かもしれません。

 

そんな夏至ですが、一般的に、
「1年の中で最も昼間の時間が長い日」
と言われているのは皆さんもご存知かと思います。

 

そして、そんな夏至と対として話に上がり、
「1年の中でで最も昼間の時間が短い日」
と言われているのが、「冬至」ですよね。

 

そんな矛と盾な関係の夏至と冬至ですが、
2つの日の昼間の時間にはどれくらいの差があるか、
皆さんは知っていますか?

 

そこで今回は、そんな
夏至と冬至で昼間の時間差って実際にはどれくらいあるのか?
について調べてみたので、ご紹介します。

 

スポンサードリンク


 

 

夏至と冬至で昼間の時間差を掲載してみた

 

それでは、夏至と冬至で昼間の時間差は実際どれくらいなのかについて
ご紹介したいと思います。

 

この後ご紹介する夏至と冬至の昼間の時間差ですが、

地域:東京都
期間:過去10年(2005年〜2014年)
算出方法:(過去10年の夏至の日照時間ー過去10年の冬至の日照時間) ÷ 10

という形で算出しています。

 

「私は、福岡に住んでいるから参考にならないのでは?」
と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

勿論、地域によっては若干の誤差はあるかもしれません。
ただ、日本はアメリカなどのように南北に長い国という訳ではありませんので、
過度な厳密さを求めなければ、
これからご紹介する結果は、あなたのご希望に十分足るものだと思いますよ。

 

 

ではでは、早速、算出した結果の発表をしたいと思います。

 

結果は・・・

 

・・・

 

・・

 

 

夏至と冬至の間には

「4時間50分13秒」

の時間差がありました。

 

約5時間・・・、
映画で考えると、長編2本分以上の時間ですよね。。。

 

映画2本分以上と考えると、個人的には
夏至と冬至で昼間の時間差はかなり大きなものだなぁ
と感じるのですが、皆さんはどう思われますか?

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回は、
夏至と冬至で昼間にはどれくらいの時間差があるのか
についてご紹介してきました。

 

まとめると、

・夏至と冬至の昼の日照時間は約5時間の開きがある。
・なので、冬の洗濯物は早めに干そう。(苦笑)

ということになりますね。

 

是非、周りの方にも今回ご紹介した情報を
教えてあげていただけると嬉しいです。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP