気になるマメ知識。

「そうめんはカロリーが高い」となぜ誤解されるのか!?

スポンサードリンク


「そうめんはカロリーが高い」となぜ誤解されるのか!? 

夏になると、夏バテのためか、
食欲が沸かなくなる時ってありますよね!?

 

そんな時に私たちを助けてくれる食材と言えば、
「そうめん」ですよね!

 
20150407
 

さっぱりしていて食べやすいのはもちろん、
ゴマソースやトマトソースに和えたり、シーフードと合わせたりと、
調理方法にも色々なバリエーションもあるので、
夏場は2〜3日に1回はそうめんを食べるなんて方もいるのではないでしょうか?

 

そんな夏の食卓で大活躍する「そうめん」ですが、
巷では何やら良からぬ噂が流れています。

 

その噂とは・・・、
「そうめんはカロリーが高いのであまり食べない方が良い!」
というものです。

 

 

 

そうめんのカロリーは、何kcal?

 

確かに「そうめん」のカロリーを調べてみると、

 そうめん    :356Kcal(100gあたり)

となっていて、
他の主食のカロリーと比べても、

 ご飯(白米)  :168kcal(100gあたり)
 ご飯(玄米)  :165kcal(100gあたり)
 食パン     :264kcal(100gあたり)
 もち      :235kcal(100gあたり)

と、そうめんを上回るカロリーのものはほとんど無く、
「そうめん=高カロリー」
という印象を受けるかもしれません。

 

スポンサードリンク


 

 

「そうめんはカロリーが高い」という嘘

 

しかし、このカロリー表記には、
1つ落とし穴があります。

 

それは、
「上で記載した「そうめん」のカロリー(356Kcal(100gあたり))は、
そうめんが『乾麺』時のカロリー」
ということです。

 

通常、そうめんを食べようと考えた際、
乾麺まま食べるという人は稀で、
一般的には

 1.「そうめん」をお湯で茹でる
 2.その後、「そうめん」を流水で冷やす

という調理を行ったものを食べるかと思います。
この調理を行う過程で「そうめん」は水分を大量に吸収し、
乾麺時の約3倍近く重量が増えます。

 

調理によって「そうめん」の重量は増えますが、
カロリーは一切増えないため、
調理された「そうめん」のカロリーは調理前の1/3に当たる

 そうめん(茹で):119Kcal(100gあたり)

となります。

 

口に入れるのは勿論、調理後のそうめんなので、
他の主食との比較する際は、
調理後のそうめんのカロリーで比べる必要があると言えます。

 

 

そこで、改めて主食のカロリーを比較し直してみると・・・、

 そうめん(茹で):119Kcal(100gあたり)
 ご飯(白米)  :168kcal(100gあたり)
 ご飯(玄米)  :165kcal(100gあたり)
 食パン     :264kcal(100gあたり)
 もち      :235kcal(100gあたり)

となり、カロリー的にはそうめんが一番低く、
主食の中ではとてもヘルシーな食材ということが分かってきます。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
「そうめんはカロリーが高いとなぜ思われているのか?」
についてご紹介してきました。

 

内容を簡単にまとめると

・そうめんのカロリーは一般的に「356Kcal(100gあたり)」と言われている。
・ただし、上記のカロリーはあくまで乾麺の状態のカロリー。
・調理(茹でる)によって「119Kcal(100gあたり)」となる。

となります。

 

「そうめんはカロリー高いって聞いたから控えなきゃ・・・」
と思っていた方は、是非今回の情報を参考にしていただけたら幸いです。

 

では、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP