気になるマメ知識。

履歴書を封筒に入れる折り方で一番良いのはどんな形!?

スポンサードリンク


履歴書を封筒に入れる折り方で一番良いのはどんな形!? 

前回まで、

履歴書と、それを入れる封筒に関する情報について

ご紹介してきました。

 

 

今回も、引き続き、

履歴書シリーズをお届けしたいと思います。

 

 

是非、ご紹介した内容を活用いただき、

就活をスムーズに進めていただけたら幸いです!

 

 

 

さて、今回はどんな内容をご紹介するのかと言うと、

「履歴書を封筒に入れて送るor渡す際、一番良い折り方はどんな形か?」

です。

 

 

履歴書を封筒に入れて郵送をする際、

 

「履歴書は二つ折りが良い?」

「それとも三つ折り??」

「いや、まさか四つ折りが・・・???」

 

と、結構悩まれている方がいる様なので、

 

 

今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。

 

 

 

履歴書の折り方で一番良い折り方は?

 

 

では、早速ですが、
履歴書を封筒に入れて企業に提出する時はどんな折り方が一番良いかを

ご紹介したいと思います!

 

 

その折り方とは・・・

 

・・・

・・

 

「0つ折り」です!

 

 

 

「0つ折り」とはどんな折り方?

 

 

「えっ、0つ折り?、そんな折り方は聞いたことないよ??」

と思われた方がいるかもしれませんね。

 

 

ただ、上の様に思われる方がいるのも当然です。

だって「0つ折り」は私が考えた造語なんですから(苦笑)。

 

 

 

では、私が勝手に作った「0つ折り」は一体どんな折り方なのかを

これから説明したいと思います。

(と言っても、勘が良い方なら既に「ピン!」と来てるかも知れませんが)

 

 

「0つ折り」という折り方は、

読んで字の如く、折り目が0個の折り方、

つまり、何も折り目を入れないという事です。

 

 

つまりですね、

封筒に入れて企業に提出する履歴書は、

「折り目を入れない形で提出する」

のが最も良いという事なんです。

 

スポンサードリンク


 

 

何故「0つ折り」が最も良い提出方法なのか

 

 

では、何故

「折り目を入れない形で提出する」

という方法が最も良いと言えるのでしょう?

 

 

それは、

「折り目を入れないで履歴書の方が書類に目を通す人事担当者が便利だから」

です。

 

 

あなたが応募する企業に書類を送るのは、

あなただけではありません。

 

 

その企業で仕事をしたいと考える多くの就活生が、

あなたと同じように企業へ応募書類を送るわけです。

 

 

企業の人事担当者は、

送られてきた数百、数千の応募書類一つ一つに目を通し、

そして管理を行います。

 

 

考えただけでもかなり大変な作業ですよね?

 

 

そんな中に、折り目が入った書類が含まれてくると、

『応募書類の折り目を直す』という余計な手間がかかる訳です。

 

 

 

勿論、人事担当者もプロなので、

「余計な手間かけさせやがって!こいつは不採用!!」

なんて合否を決める事はありえません。

(前回の封筒の色が採用に関係ないのと同様です)

 

 

ただ、人事担当者も人間です。

 

 

丁寧な資料、つまり今回の場合であれば、

人事担当者の事を考慮して折り目の無い資料を送った応募者に対して、

「こちらが目を通す事を考慮してくれている応募者」

という心象が無意識レベルで残る可能性はゼロではありません。

 

 

心象が良ければ、書類通過率も上がる可能性もあるため、

「履歴書は折り目を入れない形で提出するのが良い」

と言えるんです。

 

 

 

まとめ

 

 

というわけで、今回は、

「履歴書を封筒に入れて送るor渡す際、一番良い折り方はどんな形か?」

についてご紹介しました。

 

 

ここまでご紹介してきた通り、

履歴書やエントリーシートを企業に送る際は、

「折り目の無い状態で送る方が望ましい」

です。

 

 

履歴書やエントリーシートを送付するために

わざわざ大きめの封筒を用意するのは面倒かもしれませんが、

人事担当者の方が気持ち良く応募書類を読めるように

是非、折り目の無いものを送れる様に準備してみてくださいね。

 

 

きっと、その相手の立場に立って考えた気持ちは伝わるはずですよ。

 

 

では、今回はこの辺で。

お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150723
  2. 20150424
  3. 20150427
  4. 20151225
  5. 20150303

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP