気になるマメ知識。

【面接マナー】企業を訪問するのは予定時間の何分前がベスト!?

スポンサードリンク


【面接マナー】企業を訪問するのは予定時間の何分前がベスト!? 

8月から本格的に選考が始まる新卒採用。

 

卒業まで期間も無く、

また卒論の準備の事も考えると、
なるべく面接での不採用は避けたいですよね。

 

 

そんな面接を受ける際に重要になる事といえば、
面接時のマナーですよね!?

 

 

「面接の部屋に入る時、ノックは何回すれば良い?」
「面接官が”お掛けください”と言うまでは、席に座ってはいけないの?」
「面接終了後の”ありがとうございました”の挨拶は席に座ってするもの?

それとも立ってするもの??」
・・・etc

 

いろいろなマナーがあると思いますが、
その中でも重要なマナーの1つといえば、

面接時間に関するマナーです!!

 

 

初めて会社へ面接で訪問する際など
どれくらい前までに訪問すべきなのか、
かなり迷いますよね!?

 

 

「早いに越した事はないし、15分前には訪問しても良いのでは!?」

「時間は守っているんだし、予定時間ピッタリでも大丈夫でしょ!!」

・・・etc

 

きっと人によっては
考え方がマチマチなんじゃないかなぁ〜???
と思うんですよ。

 

 

だた、採用担当者も人間なので、
あまりにマナーに合わない事をしてしまうと
それだけで評価に影響する事もあるので、
マナーはちゃんと知っておく必要があると思うんです。

 

 

もし、企業への訪問時間だけで不採用にされたら
堪(たま)ったものではないですよねぇ!?

 

 

しかし、お堅い会社だと本当にそういう事もあるみたいですし
だからこそ、これを読んでくれているあなたには、
そんな事で面接に躓(つまず)いてほしくありません!!

 

 

そこで、今回は
「面接で企業に訪問する際の最適な時間は!?」
についてご紹介したいと思います。

 

20150723

 

 

面接で企業を訪問するのは何分間が最適!?

 

では早速
「面接で企業に訪問する際の最適な時間は!?」
についてお話したいと思います。

 

 

まず初めに結論からお話してしまおうと思うんですが、
面接の際、企業に訪問する時間は、

 

『面接開始予定の5分前』

 

に行くのが最適です!!

 

 

あっ因みに、この時間ですが

 

「面接の企業(会場)に着くタイミング」ではなく、

「担当者の方を呼び出すタイミング」

 

となりますので、その点は注意ください。

 

 

これはなぜかというと、仮に

 

「面接の企業(会場)に着くタイミング」

 

に5分前に着く事ができたとしても
その後、例えば

 

  • 企業に着いたは良いものの、受付の場所が分からない
  • 担当者の方の名前や部署の控えておらず、スマホで調べなければならなくなった
  • 担当者を呼び出すのに使う電話の操作方法が分からない

 

といった事で時間を取られる可能性があり、
気付いたら面接の時間を過ぎてしまったなんて事があるためです。

(実は、上記は私の実体験です、あの時は胃の痛い思いをしました…。)

 

 

ですので、

「担当者の方を呼び出すタイミングが『面接開始予定の5分前』」

になるように計算して訪問する様にしましょうね!!

 

スポンサードリンク


 

 

なぜ「面接開始予定の5分前」なのか!?

 

さて、先ほど面接で企業に訪問する最適な時間は

 

『面接開始予定の5分前』

 

とご紹介しましたが、
なんで開始5分前より早く、または遅く訪問しない方が良いのでしょう?

 

 

実は、これにはちゃんとした理由があります!!

 

 

 

「面接開始予定の5分前」より遅く訪問しない方が良い理由

 

開始5分前より遅く訪問しない方や良い理由ですが、
これは単純で、

 

『遅刻のリスクを最小限にするため』

 

というのが大きな理由です。

 

 

当然の話になってしまうんですが、
あなたが面接で訪問する企業はビジネスを行っていて、
そのビジネスの基本はスケジュールを守る事です。

 

 

面接に遅れるという事は、
そのビジネスの基本ができない人と判断されてしまうため、
もし、面接に遅れるような事があると、
それだけでかなり評価を落とす事になってしまいます。

 

 

そのため、できる限り遅刻のリスクを回避するためにも
開始5分前より遅れて訪問しないように注意してくださいね。

 

 

 

「面接開始予定の5分前」より早く訪問しない方が良い理由

 

開始5分前より遅れない方が良い理由を呼んだ人の中には、

「じゃあ、早い分には問題ないのでは?」

と思った方がいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ただですね・・・、

 

 

あまり早く訪問してしまうと
企業側の準備ができていない場合があり、
逆に企業に迷惑をかけてしまう事があるため、
これも避けた方が良いです。

 

 

また、特に小規模の企業の場合、
担当の方も他に仕事を抱えている場合があり、
あなたが早く訪問してしまうと
その業務に支障を与えてしまう可能性もあります。

 

 

そうなると、最悪

「この人は、相手の状況を想像する事ができない人かな!?」

という印象を与えてしまい兼ねません。

 

 

その点から考えても、

予定よりもあまりにも早く訪問するのも避けた方が良い

と思うのでご注意くださいね。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は

「面接で企業に訪問する際の最適な時間は!?」
についてお話をさせていただきました。

 

 

お話した内容を簡単に纏ると、

 

  • 面接で企業を訪問する時は「面接開始予定の5分前」がマナー
  • あまり早く、または遅く訪問すると悪い心象を与える可能性があるので要注意

 

となります。

 

 

今回ご紹介した情報を活かして就職活動に取り組んでいただき、
あなたの第一志望の企業から内定を勝ち取られるのを、

私も心から期待していますよ!!

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150123
  2. 20150427
  3. 20150424
  4. 20150303
  5. 20150602

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP