気になるマメ知識。

左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因は?

スポンサードリンク


左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因は? 

こんにちは。

 

今日は「耳鳴り」についてのお話をしたいと思います。

 
20150313
 

「耳鳴り」は、
周りで音がしていないにも関わらず、
音が聞こえるという症状の事です。

 

聞こえてないのに、聞こえる・・・。

 

改めて文字にして書いてみると、
なんだか摩訶不思議な病気ですよね。

 

 

そんな摩訶不思議な病気なのですが、
実は、日本人全体の10%〜15%の方が
「耳鳴り」になった経験があると言われています。

 

日本人の今の総人口が約1億3000万人なので、
数にすると1300~1900万人という事になります。

 

数字をみるとかなり多くの方が、
耳鳴りになっている事がわかりますね。

 

 

また、耳鳴りの音も摩訶不思議で、

「ピー」
「キーン」
「ジー」
「ボー」

など、様々なパターンがあります。

 

ただ、そんな数あるパターンの音のうち、

・「キーン」という高い音だった場合、
・しかも、それが片方の耳(一般的には左耳の場合が多い)だけで聞こえる場合、

となっている人は少し注意が必要です。

 

今回はそんな、
左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因
についてご紹介をしたいと思います。

 

 

 

左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因(1)

 

片方の耳(一般的には左耳に多い)で
「キーン」という高い音の耳鳴りの症状が起きた際に考えられる
もっとも一般的な原因は、

老人性難聴

です。

 

「老人性難聴」・・・、
漢字が並んで難しく見えますが、
要は『年による衰え』って事です。(苦笑)

 

これについては、どうしようもない部分があるので、
寄る年波にか勝てないと思って受け入れましょう!!

 

スポンサードリンク


 

 

左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因(2)

 

先にご紹介した老人性難聴の他にも

突破性難聴

が原因で左耳で耳鳴りが起こる場合があります。

 

「突破性難聴」は読んで字の如く”突発”的な難聴で
年齢や時期、性別などに関わらず、
突然、難聴になってしまう症状です。

 

この「突破性難聴」が何故発症するのか、
原因についてはまだ解明されていません。
なので、もちろん治療方法も確立されていません
(ストレスの影響では?とは言われています)

 

因みに「突破性難聴」は症状を放置していると、
治りが遅い、治りにくという話も言われています。

 

ですので、
「私、若いのに急に耳鳴りが鳴り始めたよ・・・」
という方は、ストレスのかからない環境の構築はもちろんですが、
それにプラスして、早めに耳鼻咽喉科で診察を受けた方が良いですよ。

 

 

 

左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因(3)

 

これまで上げた2つの原因以外にも、実は、

顎関節症
難聴
自律神経失調症
脳梗塞
脳腫瘍

といった疾患が影響して、
左耳で耳鳴りを引き起こしている可能性があります。

 

脳梗塞や脳腫瘍が原因ですと、
最悪、命に関わる場合もあります。

 

なので、左耳など片方の耳から耳鳴りが起こり、
尚且つ、その症状が長時間続いている方は、
早めに耳鼻咽喉科で診察を受けるようにしてください。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
左耳から「キーン」という耳鳴りがする症状の原因
をご紹介いたしました。

 

簡単に纏めると、

・一番ポピュラーな原因は「老人性難聴」
・年齢が若い方や、これまでに耳鳴りになったことがない方は
 「突破性難聴」が原因という可能性がある。
・耳鳴りの症状が長期間続いている場合は、
 「脳梗塞」や「脳腫瘍」などが原因の可能性もある。

となります。

 

もし、皆さん自身や皆さんの周りで、
今回のような症状を起こしている方がいましたら、
是非参考にしていただけると幸いです。

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座います。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150517
  2. 20150319
  3. 20150630
  4. ba81c6c03b18234ffdbde67cfea825b6_s
  5. 93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s
  6. 20151213

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP