気になるマメ知識。

逆流性食道炎の症状って喉(のど)にも出ルンです!!

スポンサードリンク


逆流性食道炎の症状って喉(のど)にも出ルンです!! 

逆流性食道炎の症状と言うと、

・胸やけ
・呑酸
・胸痛

が、一般的かと思います。

 

因みに、呑酸は「どんさん」と読み、
酸っぱいものが胸の上から口まで上がってくる症状
の事を指します。

 

 

しかし、逆流性食道炎の症状の中には、
喉(のど)に現れる症状というのも存在するのを
皆さんご存知ですか?

 

各言う私も、自分自身にそれらしい症状が起こり、
調べたことで、初めて逆流性食道炎の可能性がある事を知りました。

 

そこで今回は、
「喉(のど)が逆流性食道炎になった場合どんな症状になるか?」
「何故、逆流性食堂戦の症状が喉(のど)にでるのか?」
などの点について、
私が調べた情報を皆さんにご紹介したいと思います。

 
20150319
 

 

喉(のど)が逆流性食道炎になった場合に起こる症状は?

 

喉(のど)や気管支が逆流性食道炎になった場合、主に

・咳・喘息
・のどの違和感

といった症状が起こります。

 

ですので、先ほど書いた逆流性食道炎の一般的な症状として書いた

・胸やけ
・呑酸(どんさん)
・胸痛

と合わせて、

・咳・喘息
・のどの違和感

の症状が出た場合は、
逆流性食道炎の可能性が高いと考えてみて良いと思います。

 

 

ただ、

・咳・喘息
・のどの違和感

のみが発生する逆流性食道炎というのもあるようです。

 

その場合、症状だけでみると風邪と同じなので、
「風邪と逆流性食道炎の区別はどのように区別すれば良いの?」
と疑問を感じる方もいるかもしれません。

 

そういった方に是非チェックしてもらいたいのが、
「熱」です。

 

逆流性食道炎は基本的に発熱を伴うことは無いため、

・熱がある場合
→風邪の可能性を疑う

・熱がない場合
→逆流性食道炎の可能性を疑う

と考えて区別してみるのは1つの方法と言えますよ。

 

 

 

逆流性食道炎の症状が喉(のど)に現れる原因は?

 

さて続いては、
逆流性食道炎の症状が喉(のど)に出るのは何故か?
という点についてお話ししたいと思います。

 

そもそも逆流性食道炎が何故起こるのかと言うと、
とても酸性の強い胃酸が食道に逆流する事で、
食道の粘膜を刺激して、炎症してしまうためです。

 

健康な人の場合、
胃の入り口にある筋肉(下部食道括約筋)が閉まり胃酸が食道へ登って来ないのですが、
「肥満」や「姿勢の悪さ」などの影響により下部食道括約筋が緩んでしまい、
食道方向に胃酸が登ってしまうようです。

 

そして、喉(のど)に逆流性食道炎の症状が起こった人は、
この胃酸の逆流が、喉(のど)や気管支まで登ってきてしまい、
その結果、酸によって喉(のど)が炎症してしまうことで、
症状が発生してしまっています。

 

スポンサードリンク


 

 

喉(のど)に症状が出た場合は何科で診察を受ければ良い?

 

上に記載したような
喉(のど)に逆流性食道炎の症状が発生した場合の対応として一番良いのは、
やはりお医者さんに診ていただくことです。

 

お医者さんに検査・診察していただくことで正確な症状も分かり、
正しい処方をしていただけるので、
症状が出ている時は早めに病院に行くことをお勧めします。

 

因みに、病院への通院を躊躇する理由として、もし
「何科に診察を受けに行けば良いかがわからないだよ〜。」
と思われている方がいたら

・内科
・胃腸科
・消化器科

のどれかの科に行って診て下さい。

 

勿論、喉(のど)の症状だから耳鼻科でも良いんですが、
そもそも逆流性食道炎は胃酸の逆流が原因ですので、
根本原因の治療をするためにも、
上の3つの科のうちどちらかで受診されることをお勧めします。

 

まぁ、胃腸科や消化器科は、
総合病院でないと中々ない科だと思いますので、
まずは最寄りの病院の『内科』に行くのが良いかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

というわけで、今回は、
喉(のど)に現れる逆流性食道炎の症状
に関する情報をご紹介しました。

 

内容を纏めると、

・喉(のど)が逆流性食道炎になった場合、
 「咳・喘息」や「のどの違和感」という症状で現れる。

・逆流性食道炎になる原因は、
 喉(のど)や気管支まで上がってきた胃酸が、それらをを刺激し、
 炎症を引き起こしているため。

・病院で診察を受ける場合は、内科・胃腸科・消化器科に行くのがお勧め。

となります。

 

是非、今回ご紹介した情報を、
皆さんや皆さんの周りの方の健康にご活用頂けたら幸いです。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20151213
  2. 20150208
  3. 28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s
  4. 20150308
  5. 20151116
  6. 20151209

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP