気になるマメ知識。

ジュールをカロリーに換算するポイントは「1/4」。

スポンサードリンク


ジュールをカロリーに換算するポイントは「1/4」。 

海外旅行のお土産にお菓子を貰うことも多いかと思いますが、
そんなお土産のお菓子の袋に「◯◯◯◯kJ」という表記があるのを
見かけたことはないでしょうか?

 

この「kJ」と言うのは「(キロ)ジュール」を示していて、
日本ではすっかりおなじみになった「cal(カロリー)」と同じく
熱量を表す単位です。

 

カロリーと同じということは何を意味するかというと、
体重などの数値ににダイレクトに影響を及ぼす単位と言えます。


なので、ダイエットをしている人にとっては、
ジュールという単位は、カロリーと同様、知らないと死活問題になる単位と言えます。

 

 

ただ・・・

 

 

日本ではなかなかジュールという単位を聞く機会がなく、
例えば

「1000kJは何kcal?」

と言われてもパッと答えることができる人は、
なかなかいないのではないでしょうか?

 

ただ、ジュールをカロリーに換算できるようになっておかないと
特に海外旅行に行った時など高カロリーの物を知らずに食べ過ぎる原因にもなるので、
特にダイエットを実践している人にとっては、
換算方法は抑えておいた方が良いものだと思います

 

そこで今回は、
ジュールの値をカロリーの値に換算する方法
についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

 

ジュール→カロリーへの変換方法

 

変換する方法なんて大々的に書いてしまったものの、
ジュールの値→カロリー値への変換は、
1ジュールあたりのカロリーがどれ位なのか、
というのがわかれば変換自体は簡単にできると言えますよね。

 

ではでは、そんな変換方法のポイントとなる
1ジュールあたりのカロリーですが、その値は

1J=0.24cal

と言われています。

 

ですので、先ほど例として文中に挙げさせてもらった

「1000kJは何kcal?」

という質問の回答はどうなるのかというと、

1000kJ × 0.24kcal = 240kcal

と答えることができるわけです。

 

ただ、上に書いた情報をダイエットに生かそうと考えた場合、
小数点の値までを細かく覚えておく必要はないので、
なるべく覚えておく量を減らしたいという方は、

「1ジュール=1/4カロリー」

とちょっと乱暴に覚えてしまっても良いと思います。

 

これなら、覚えるのが苦手な人もそれほど苦にならないでしょうし、
カロリー計算のいう実利においても、
摂取カロリーを大きく外すことはないはずです。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回はジュールをカロリーに換算する方法を紹介してきました。

 

簡単にまとめると、

・ジュールはカロリーと同じ熱量を表す単位(なのでダイエットにも関わる)
・1Jあたりのカロリーは、0.24cal
・覚えるのが面倒な場合は「1ジュール=1/4カロリー」で覚えてしまってもOK!

となります。

 

今はジュールという単位に馴染みがないかもしれませんが、
今後グローバリゼーションの波で日本の食品もカロリーからジュール表記に・・・、
なんてことがあるかもしれないので、
今のうちに覚えておいても損はないかもしれませんよ。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
今回も読んでいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150522_1
  2. 20150907
  3. 20160122_1
  4. 20150710
  5. 20150318

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP