気になるマメ知識。

プールでコンタクトを付けても本当に大丈夫!?ゴーグル万能説の真実

スポンサードリンク


プールでコンタクトを付けても本当に大丈夫!?ゴーグル万能説の真実 

夏の暑い日はもちろん、日ごろの運動不足の解消やダイエットのためといった理由から、プールを利用している方は多いんじゃないでしょうか?

 

20150501

 

 

私も運動不足の解消のためにプールを使っているのですが、プールに入る時にいつも悩んでしまうのが「眼」についてなんです。

 

 

実は、私は眼が非常に悪く、通常はメガネorコンタクトレンズを使っているのですが、プール内ではそれらを使う事が出来ないため、いつも苦労しています。

 

 

私と同じ様に視力の悪い方の中には、

 

「ゴーグルを付けていれば水で流される事もないから、コンタクトを付けたままプールに入っても問題はないでしょ!!」

 

とコンタクトレンズを着用してプールに入る方がいるみたいなんです。

 

 

ただ、ゴーグルを付けているからといって、コンタクトレンズを着用したままプールに入るのは本当に危険は無いものなんでしょうか???

 

 

そんな疑問から、
「ゴーグルを付ければ、プールにコンタクトを付けて入っても良いの!?」
について調べてみたので、その内容をあなたにもシャアさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

ゴーグルを付ければ、プールにコンタクトを付けて入っても良いの!?

 

 

ネットなどを見ていても、

 

「ゴーグルを付けていれば、コンタクトを装着したままプールに入っても大丈夫!!」

 

と言っている人がいるみたいですが、調べてみると絶対に安全とは言い切れないようなんです!!

 

 

では一体、どんな問題があるのかと言うと、

 

・・・

 

・・

 

 

それは、プール水を含まれている「塩素(カルキ)」がコンタクトレンズに及ぼす影響です。

 

 

 

「塩素(カルキ)」というのは、プールで細菌やウィルスが伝染しないようにするため、消毒用としてプールに入れられている薬の事です。

 

 

その「塩素(カルキ)」を含んだプールの水がコンタクトレンズに付着した場合、コンタクトレンズはその親水力が高さからプールの水を吸収してしまいます。

 

 

そして、そんなプールの水を吸収したコンタクトレンズを着用し使い続けると、角結膜炎などの眼障害になる可能性があると言われているんです!!

 

 

勿論、ゴーグルを付けた状態でいる分、コンタクトがプール水が直接付く可能性は少ないかもしれません。

 

 

ただ、プールの水を100%防ぐ事は、不可能に近いはずです。

 

 

ですので、眼障害になるリスクを避けるためにも、ゴーグルの有無に関わらずプールではコンタクトレンズを付けない方が良いと言えそうです。

 

スポンサードリンク


 

 

どうしてもコンタクトレンズを付けたい時の最後の手段

 

ただ中には、

 

「眼が見えなんじゃプールを楽しめません!楽しめなきゃ、プールに行く意味が無いです!!」

 

と思われる方もいるかと思います。

 

 

もし、そんな”どうしてもプールでコンタクトレンズを使いたい!!”という方は、
「1日使い捨て用のコンタクトレンズを使用する」
という方法をお勧めします。

 

 

1日使い捨てのコンタクトレンズであれば、仮にレンズがプールの水を吸収しても、プールの後にすぐ使用したレンズを捨ててしまえば「塩素(カルキ)」による眼障害のリスクを下げる事ができるからです。

 

 

勿論、コンタクトレンズを付けずにプールに入る方が眼障害のリスクが少ないので、できる限りプールでのコンタクトレンズの使用は避けてほしいです。

 

 

しかし、もしやむを得ない場合には、ご紹介した1日使い捨てのコンタクトを活用する方法を試してみてくださいね、

 

 

 

 

まとめ

 

 

というわけで、
「ゴーグルを付ければ、プールにコンタクトを付けて入っても良いの!?」
に付いてご紹介してきました。

 

 

これまでご紹介してきた内容を簡単に纏めると、

 

  • 眼障害のリスクがあるため、ゴーグルがあってもコンタクトを付けてプールに入らない方が良い。
  • もしどうしてもコンタクトを付けてプールに入る場合は、1日使い捨てのコンタクトを使うようにする。

 

となります。

 

 

今回ご紹介した内容を参考に、リスクを避けて、楽しくプールを利用してみてくださいね。

 

 

では、今回はこの辺で。
お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150520
  2. 20150918
  3. 20150626
  4. 20150915
  5. 20160113

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP