気になるマメ知識。

IQテストの平均ってどれくらい!?

スポンサードリンク


IQテストの平均ってどれくらい!? 

ネット上に散乱する簡易テストによって、
簡単に想定できるように「IQ(知能指数)」

 

皆さんもどこかのサイトで

一度はテストを試してみた事があるんじゃないでしょうか?

 

20150513

 

 

 

ただ・・・

 

 

試しにテストを受けてはみたものの、
結果を評価ができず、

 

「IQ80って出たんだけど、これって高いの?」
「IQ120は低いんですか?」

 

となってしまっている方も多いのではないでしょうか??

 

 

せっかくテストを受けたにも関わらず、
結果が平均を超えているのかどうかも分からないのは
ちょっと悲しいですよね!?

 

 

 

そこで今回は、
「IQテストの平均値ってどれくらい?」
について調べたので、皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

 

 

IQテストの平均値っていくつ?

 

 

IQテストの平均値について調べてみたところ、

平均値は年代や国に関係なく、

世界共通の平均値というものがあるみたいです。

 

 

では一体、世界共通と言われる

IQテストの平均値はいくらなのかと言うと

 

・・・

 

・・

 

 

「IQテストの平均値 = 100」です!!

 

スポンサードリンク


 

 

 

何故、IQの平均は100で固定されているのか?

 

 

「えっ、IQの平均値って100で決まってるんですか?

その他の値をとる事は無いんですか??」
と思われる方もいるかもしれません。

 

 

ただ、残念ながら(?)、
IQテストの平均値は「100」で決まっていて、
それ以外の値が平均値になる事はありません。

 

 

 

では何故、IQの平均値は「100」と決まっていて、

それ以外の値を取る事が無いのかと言うと、

それは、IQが「標準偏差」を使って評価をしているからです。

 

 

因みに「標準偏差」は、以前、
受験生の人生を左右する偏差値の計算方法にある2つのポイント
の記事内で紹介した
『ある集団(今回であればIQテスト受験者)における
データの「散らばり具合」を表す数値』
の事ですね。

 

 

標準偏差を使って評価(計算)を行う場合、
中央値、つまり平均値を固定で設定する必要があり、
IQではその値を「100」と設定しています。

 

 

「100」を変えると、
標準偏差を使った評価(計算)の前提条件が崩れるため、
平均値に「100」以外の値をとる事が事実上できません。

 

 

そのため、IQの平均値は「100」以外になることは無く、
基本的に他の値に変わる事も無いわけです。

 

 

 

 

最後に

 

 

というわけで、今回は、
「IQテストの平均ってどれくらい?」
をご紹介してきました。

 

 

先ほどもご紹介した通り、
「IQテストの平均値 = 100」
はIQの評価軸が変わらない限り変更しないものですので、
暗記しちゃうっていうのもアリかもしれませんよ。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 201502021
  2. 20150914
  3. 20150501
  4. 20151120

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP