気になるマメ知識。

読書感想文に高校生が読む本の探し出すための3つの方法

スポンサードリンク


読書感想文に高校生が読む本の探し出すための3つの方法 

もし日本中の小・中・高校生に
「夏休みの宿題で一番嫌なものは何?」と言う
アンケートを取ったら、きっと

 

・自由研究
・読書感想文

 

のどちらかを上げるじゃないかと思います。

 

 

特に高校生の場合、
さすがに自由研究が宿題になることはないので、
「読書感想文」を上げる方が多いんじゃないでしょうか?

 

 

確かに「読書感想文」は、

 

・どんな本を読めば良い?(読む本が自由な場合)
・どんな風に纏めれば良い?
…etc

 

で、結構面倒くさい宿題ですよね?
(私も、高校生時代は苦手でした(苦笑))

 

 

 

そこで今回は、そんな面倒くさい宿題をお助けするために
読書感想文の書く際の壁の1つである

「高校生が読書感想文で書くのにおすすめな本の探す方」

について、皆さんにご紹介したいと思います。

 
20150520
 

 

 

 

高校生の読書感想文用の本を探し出す3つの方法

 

 

では早速、読書感想文用の本の選び方を
ご紹介したいと思います。

 

 

 

本の選び方ですが、
3つの方法を使って探し出すと、
読書感想文向きの本を見つける事ができます。

 

 

その3つ方法とは・・・

 

1.コンクールの課題図書
2.話題の本
3.定番の本

 

です。

 

スポンサードリンク


 

 

 

1.コンクールの課題図書

 

 

全国図書館協議会が主催になって
毎年、読書感想文のコンクールが実施されています。

 

 

コンクールには課題図書の部門があり、
その課題図書の中から、
自分にあったものを選ぶという方法があります。

 

 

コンクールの課題図書は、

 

・過去1~2年に発行された本が選ばれている。
・簡単に入手できる本が選ばれている。
・主催者側もコンクールに数多く応募してほしいので、
 学生が興味・関心を持ちやすい本が選ばれている。
 (=読みやすい本が選ばれる)
・健全な本が選ばれている。
 (=教師受けの良い本が選ばれる(苦笑)))

 

という点で、
読書感想文向きの本を
簡単にチョイスする事ができます。

 

 

 

2.話題の本

 

 

次にオススメなのが、
最近話題になっている本です。

 

 

Amazonや楽天ブックなどのランキングで、
トップ10に入っているような本ですね。

 

 

何故、読書感想文におすすめなのかというと、

 

・他の人と被りにくいので、比較されにくい。
・評価する先生も本の内容を知らない可能性が高く、
 感想文の内容に間違いがあっても気付かれにくい。
・読書感想文以外にも使える。(会話の話題に使える)

 

だからです。

 

 

特に5~10位くらいの本を選ぶと、
他の人とも被り難く、
先生も呼んでいないと思うので、
おすすめですよ(苦笑)。

 

 

 

3.定番の本

 

 

最後におすすめしたいのは、
「走れメロス」や「人間失格」など、
読書感想文の定番の本です。

 

 

何故おすすめなのかという、

 

・多くの方が読んでいるので、
 あらすじや感想がWEBに掲載されているので、
 参考にしやすい。

 

というのが一番の理由ですね。

 

 

他にも

 

・一定の感想文が書けていれば、
 安定した評価が貰いやすい。

 

というのもあります。

 

 

ただ、他の方の情報を参考にするのは、
自分のためにはならないので、
本来は避けた方が良いです。

 

 

なので、
「明日までに感想文を提出しないと成績がヤバい」
といった緊急時の最終手段として、
定番の本を選ぶのが良いかと思います。

 

 

あっ、もちろん
「俺は(私は)定番の本をしっかり読んで感想文を書きたいだぁー!」
という方は、全然OKですよ~。

 

 

 

 

最後に

 

 

というわけで、今回は、
「高校生が読書感想文で書くのにおすすめな本の探す方」
をご紹介してきました。

 

 

今回ご紹介した内容を
読書感想文の本を選ぶ際の参考にしていただけたら、
大変嬉しいです^^

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 201502021
  2. 20150926
  3. 20150907
  4. 20160120

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP