気になるマメ知識。

台風の強さの単位!?へクトパスカル(hPa)について調べてみた

スポンサードリンク


台風の強さの単位!?へクトパスカル(hPa)について調べてみた 

台風情報のニュースなどを見ていると

『ヘクトパスカル(hPa)』という単位が

よく出てきますよね。

 

 

「日本に接近中の台風10号は中心気圧980ヘクトパスカルで…。」

といった感じでアナウンサーの方が伝えているのを、

あなたも聞いた事があるんじゃないでしょうか!?

 

 

ただ・・・

 

 

”980ヘクトパスカル”と言われても
それに一体どういう意味があるのかって、
正直分からないですよね?

 

 

あなたの周りでもきっと

 

「ヘクトパスカルって一体何なん!?」
「台風の強さとどんな関係があるの!?」
・・・etc

 

と思っている方が多いんじゃないかと思うんです。

(私も以前はそうでしたから(苦笑))

 

 

そこで今回は、
「ヘクトパスカル」について私が調べた内容を
あなたに紹介したいと思います!!

 

 

 

 

ヘクトパスカルって単位は何を表わしているの??

 

そもそも「ヘクトパスカル(hPa)」という単位は何なのかというと

 

・・・

 

・・

 

 

『気圧など圧力を表わす単位』です!!

 

 

なので、”980ヘクトパスカル”と言われた場合は、

『そこでは“980”という値の圧力がかかっていますよ』

という事を言われている事になるわけですね。

 

 

 

因みに、ここからは補足になりますが、
そもそも「ヘクトパスカル(hPa)」という単位は

 

「ヘクト(h)」

「パスカル(Pa)」

 

が組み合わさった単位です。

 

 

「ヘクト」と「パスカル」は、それぞれ

 

「ヘクト」  → 10の2乗(=100倍)
「パスカル」 → 1平方メートル内に1ニュートンの力が作用している時の圧力の単位

 

という意味を持っています。

 

 

ですので、「ヘクトパスカル」という単位は、正確に言うと

 

「1平方メートル内に1ニュートンの力が作用している時の圧力を

100倍にした圧力の単位」

 

になります。

 

 

ただ、上の長ったらしい内容を覚えるのも大変だと思いますので、

『ヘクトパスカル = 気圧など圧力の単位』

とだけ覚えておけば問題ないと思います。

スポンサードリンク


なぜ台風情報にヘクパスカルの単位が使われるのか?

 

さて、先ほど

 

「ヘクトパスカル=気圧など圧力の単位」

 

とご紹介しましたが、
台風情報でヘクトパスカルが用いられる場合、
一般的に、

 

「台風の中心気圧を表わす単位」

 

として使われます。

 

 

何故、台風の中心気圧を情報として提供しているのかというと、
実は台風の基本的な考え方に

 

「台風の中心気圧が低いほど、台風は強い傾向がある」

 

というものがあるからです。

 

 

通常、風は気圧の高いところから低いところへ吹くのですが、
この気圧の高低差が大きいほど、強い風が吹きます。

 

 

つまり、台風の中心気圧が低ければ低いほど、
台風の外との気圧差が大きい事から、風が強くなり、
結果として強い台風と言えるわけです。

 

 

そのため、ニュースなどの台風情報では、
台風の中心気圧(単位:ヘクトパスカル)を伝える事で、
視聴者に台風の強さを客観的に知らせているわけです。

 

 

ただ・・・、

 

 

せっかくの情報も

 

・ヘクトパスカルが何の単位なのか?
・ヘクトパスカルの値(=中心気圧の値)が低い事と
台風の強さがどういう関係なのか?

 

を知らないと意味がないですよね・・・。

 

 

ですので、今回ここに書いた内容を読まれたあなたは、
是非、

 

・台風情報のヘクトパスカル=台風の中心気圧の単位
・中心気圧が低いほど、台風が強い傾向にある

 

というのを覚えて、
台風への備えに活かしていただけると嬉しいです。

 

 

 

因みに、日本で観測が始まって以降、
最も中心気圧が低かった台風は、1961年の第二室戸台風の

 

「925ヘクトパスカル」

 

です。

 

 

この値に近ければ近いほど、強い台風と言えるので、
是非、参考値にしてみてください。

 

 

 

 

最後に

 

というわけで、今回は
「ヘクトパスカル」について
ご紹介してきました。

 

 

是非、ご紹介した内容を生活に活かしていただきたいのですが、
最後に1つだけ注意点があります。

 

 

先ほど、

 

・中心気圧が低いほど、台風が強い傾向にある

 

とご紹介しましたが、台風が強くなる要因には

それ以外も絡んできます。

 

 

そのため、中心気圧が高いからといって
必ずしも台風が弱いとは言い切れないので、
その点はご注意くださいね。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150205
  2. 20150522_1
  3. 20150402
  4. 20150907
  5. 20150325
  6. yuka150701558664_tp_v

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP