気になるマメ知識。

地球の自転の方向はどっち向きなのか調べてみた!!

スポンサードリンク


地球の自転の方向はどっち向きなのか調べてみた!! 

地球が1日1回のペースで回っている事、
そして、それを「自転」という事は
あなたもよく知っているんじゃないかと思います。

 

 

ただ・・・、

 

 

そんな地球の自転が

 

「どっち向きに回っているでしょう?」

 

と言われると、

 

「西から東だっけ? それとも東から西だっけ??」
「右から左? いや左から右かなぁ??」

 

といった感じで、

すぐに答えられない方が多いんじゃないかと思うんです。

 

 

そこで、今回は

「地球の自転の方向はどっち向き??」
について纏めてみましたよ。

 

20150722

 

 

地球の時点の方向はどっち向き??

 

では早速、地球の時点の向きについて
お話していきたいと思います。

 

・・・

 

・・

 

 

とは言ったものの、

そもそも地球の自転というのは

 

「北極から南極を結ぶ軸(地軸)を中心とした回転」

 

の事ですよね!?

 

 

という事は、自転の向きは必然的に

 

「東から西(右から左)」or「西から東(左から右)」

 

のどちらかになるという事は

あなたも既に分かっていると思います。

 

 

では、自転は一体どっちの向きへ回転しているか??

問題はそこですよね!

 

 

その答えはどっちかというと

 

・・・

 

・・

 

 

「西から東(左から右)」になります。

 

 

因みに、この向きは、
太陽系が誕生する際に決まったものの様で、
基本的には変わる事はありません。

 

 

また、金星を除く太陽系の惑星の自転はすべて
「西から東(左から右)」で共通しています。

 

 

そのため、一度覚えてしまえば再度覚え直す事も無く
しかも他の惑星にも当てはまるので汎用性が高い点からも、

 

「太陽系の惑星の自転の向きは

基本的に”西から東(左から右)”

(ただし金星は除く)」

 

とまるっと覚えてしまった方が今後便利だと思いますよ!

 

 

ですので、この機会にぜひ覚えてしまいましょう〜!!
 

スポンサードリンク



 

 

 

自転の向きがなかなか覚えられないあなたへ

 

さて、ここまで地球の自転の向きについてご紹介してきましたが、
お読みになった人の中には、

 

「いやいや、覚えられないよ・・・。」
「ピンとこない・・・」
「イメージわかないーーー!!」

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

もし、あなたもそうだったなら、
次にご紹介する流れでイメージしてみるのがオススメです。

 

【自転をイメージする流れ】

1.地球を北極側(地球の頭上側?)から見る。
 ↓
2.1.の視点で見ている地球を、反時計周りに回転させる。
 ↓
3.2.の回転が地球の「自転」。

 

 

この流れでイメージすると、

 

「自転の向きをイメージできる!」
「自転の回転が理解しやすい!!」

 

という人が多いので、
是非、試してみてください。

 

 

 

 

自転の向きが覚えらえない原因

 

因みに、上の方法じゃないと自転がイメージできないという方は、

 

「地球を外から見て自転を考える」

 

という視点が欠けている場合が多いです。

 

 

図で表すと

 

(地球)● ←(視点)

 

の視点ではなく

 

(地球)● →(視点)

 

という視点だけに凝り固まってしまうという事ですね。

 

 

どうしても視点が凝り固まってしまうと視野も狭くなり、
混乱してしまう事や物事が見えなくなってしまう事が多いです。

 

 

これは他の事を見る場合にも言えますが、
物事を捉える際は、

 

「視点を固定せずに様々な角度から見る」

 

というのも意識するようにすると、
今まで見えなかったものが見えてくるので、
是非、これも意識してみてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで、
「地球の自転の方向はどっち向き??」
についてご紹介しました。

 

 

最後に簡単に纏めると、

 

・地球の時点は「西から東(左から右)」

 

・もし分かり難い場合は、

 地球を北極側から見て→反時計周りにさせる

 という方法で考えてみよう!!

 

・いろんな視点で物事を見ることは

 自転を向きを考える以外でも重要

 

となります。

 

 

是非、今回ご紹介した情報を
参考にしていただけたら幸いです。

 

 

では今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20151120
  2. 20160202
  3. 20160120

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP