気になるマメ知識。

女性の厄年!!早生まれの方が厄年を確認するための4ステップ

スポンサードリンク


女性の厄年!!早生まれの方が厄年を確認するための4ステップ最近は

 

”お婆ちゃんの知恵袋”

”古い言い伝え”

”地域の風習”

・・・など、

 

古くから伝わるものを

 

「えっ、何それ!? 美味しいの??」

 

と無視してしまう人って

結構いると思うんです。

 

 

あなたの周りにも

そんな人いませんか??

 

 

 

ただ、そんな人ですら

気に掛ける風習というのは

あったりします。

 

 

その1つが、

 

『厄年』

 

ですね!?

 

 

多くの人が大厄(本厄?)の年は勿論のこと、
前厄や後厄の年ですら神社へお祓いを受けに行くくらいに、
いまだに畏怖の念が強く残っている風習なんじゃないかと思うんです!!

 

 

まぁ、厄年って

 

「今年、あなたは不幸になります!!」

 

と、宣告されている様なものですから、
いつもは、風習を信じない人だって
やっぱりお祓いは受けておきたくなりますよねぇ(苦笑)。

 

 

 

と、まぁそれくらい多くの方が気に掛けている『厄年』ですが、
そんな『厄年』に関するよくある疑問に、

 

「私は早生れなんですが、私って今年は厄年なんでしょうか?」

 

というもの。

 

 

確かに、厄年って

 

・男性
24歳(前厄)−25歳(大厄)−26歳(後厄)
41歳(前厄)−42歳(大厄)−43歳(後厄)
60歳(前厄)−61歳(大厄)−62歳(後厄)

 

・女性
18歳(前厄)−19歳(大厄)−20歳(後厄)
32歳(前厄)−33歳(大厄)−34歳(後厄)
36歳(前厄)−37歳(大厄)−38歳(後厄)
60歳(前厄)−61歳(大厄)−62歳(後厄)

 

 

という年齢はよくテレビでも語られますが、
早生れの人はどう考えれば良いかなど、
細かな部分の説明ってされない事が多いので、
分からないですよねぇ!?

 

 

そこで今回は、特に女性の方のために
『早生まれの女性が自分の厄年を確認する方法』
をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

早生まれの女性が自分の厄年を確認するための4つのステップ

 

では早速、
早生まれの女性が自分の厄年を確認する方法
をご紹介したいと思います。

 

 

 

確認手順ですが、
実は以下の4つのステップを順番に行なう事で
すぐにチェックする事が出来ちゃいます。

 

 

その4ステップとは・・・

 

<ステップ1>

あなたが確認したい年齢の時の西暦から、
自分が生まれた年の西暦を引く。

 

 

<ステップ2>
ステップ1の結果に、1を加える。

 

 

<ステップ3>

ステップ2の結果と

18・19・20・32・33・34・36・37・38・60・61・62

という計12個の数字を比較する。

 

 

<ステップ4>
同じ数字があれば調べた年は厄年、
同じ数字がなければ調べた年は厄年ではない。

 

というものです。

 

 

この4ステップを使う事で、自分が早生れのために

 

「私って、もしかして今年厄年だったのかしら??」
「来年、厄年か確認して、早めにお払いの予約をとらきゃ!?」

 

って考えてしまう時にも、
すぐに自分が厄年かどうかを確認する事ができます!!

 

スポンサードリンク


 

 

4ステップを活用した厄年の確認例

 

・・・と言ったものの、

 

上の内容だけだと、
少し分かりにくいんじゃないかなぁ
と思うんです。

 

 

ですので、ここからは1つ例を挙げて、
実際に4ステップを使って、
厄年を確認してみたいと思います。

 

 

例ですが、

 

(例)

「1979年2月19日」生まれの方が、

「2017年」が自分の厄年なのかを確認する

 

でいってみたいと思います。

 

 

では、始めましょう!!

ますはステップ1です。

 

 

 

<ステップ1>

 

ステップ1として、まずは
厄年かどうかを調べたい年の西暦の数から
あなたの生まれた年の西暦の数を引きます。

 

 

今回の例では

 

厄年かどうかを調べたい年の西暦の数:2017
あなたの生まれた年の西暦の数:1979

 

ですので、

 

2017−1979=「38」

 

となります。

 

 

 

<ステップ2>

 

では、次にステップ2です。

 

 

ステップ1の結果に「1」を足しましょう!!

 

 

ステップ1の結果は「38」でしたので、

 

38+1=「39」

 

となりますね。

 

 

 

<ステップ3>

 

では、次にステップ3です。

 

 

ステップ2で導き出した数と

 

18・19・20・32・33・34・36・37・38・60・61・62

 

という12個の数字を見比べて、
同じ数があるかを確認しましょう。

 

 

ステップ2の結果は「39」でしたので、
12個の数字の中に

 

「同じ数はない」
という結果になります。

 

 

 

<ステップ4>

 

最後にステップ4です。

 

 

ステップ4は最終的な判断を下すステップで、

 

ステップ3で同じ数があった場合
→調べた年は厄年

 

ステップ3で同じ数がなかった場合

→調べた年は厄年でない。

 

となります。

 

 

ステップ3の結果は「同じ数はない」というものでしたので、
今回の例は

 

「厄年ではない」

 

という言えます。

 

 

* * *

 

 

このような形で4つのステップを順序立てて進めていけば
早生れの方でも簡単に厄年を確認する事ができるというわけです!!

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
『早生まれの女性が自分の厄年を確認する方法』
をご紹介してきました。

 

 

早生れの方で、自分が厄年かどうかを判断し兼ねる時には
ぜひ今回ご紹介した4つのステップで、
自分の厄年をチェックするようにいていただけたら嬉しいです!!

 

 

では、今回はこの辺で。
最後までお読みいただき有り難う御座いました。

 

 

 

PS.
因みに、今回は主に女性のための方法をご紹介しましたが、
実は、ステップ3の12個の数字を

 

24・25・26・41・42・43・60・61・62

 

の9つの数字に置き換える事で、
早生れの男性の厄年を確認する事が可能です。

 

 

もし、兄弟やご家族の方の中で、
早生れの男性がいらっしゃった場合は、
合わせて使ってみてください!!

 

 

 

PPS.
一部の神社仏閣では
今回はご紹介した4つのステップの結果が、
当てはまらない場合があります。

(厄年の年齢の数え方が異なるため)

 

 

ですので、もし

 

「あれれ!?私がよく行く神社と4ステップの結果で
言っている事が違ってるなぁ・・・???」

 

という際には、神社側の情報に準拠するようにしてください。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150516
  2. 20150926
  3. 20150402
  4. 20150115

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP