気になるマメ知識。

バレンタインデーにチョコをあげるようになった由来

スポンサードリンク


バレンタインデーにチョコをあげるようになった由来2月14日のバレンタインデーと言えば、
好きな人にチョコレートをあげる日というのを
連想される方が多いのではないかと思います。

 

 

ただ・・・、

 

 

そもそも、
どうしてバレンタインデーにチョコレートをあげるようになったのか、
あなたはその由来を知っていますか??

 

 

海外のバレンタインをチェックしてみると
バレンタインデーには、好きな人にチョコレートをあげるという風習はなく、
実はこの風習は、日本で生まれたものなんです。

 

 

では何故、日本でそんな風習が生まれたのか!?

 

 

今回はそんな
『バレンタインデーにチョコをあげるようになった由来』
についてご紹介したいと思います。

 

20151202

 

何故バレンタインデーにチョコをあげるようになったのか!?

 

バレンタインデーにチョコレートをあげるようになった由来ですが、
調べてみると様々な説があります。

 

 

森永製菓説、伊勢丹説、ソニープラザ説、・・・などなど。

 

 

ただ、そんな数ある説の中でも特に有力だと言われている説が

 

  1. 「神戸モロゾフ製菓の広告」説
  2. 「メリーチョコレートのバレンタインセール」説

 

の2つです!!

 

 

これらの説は一体どんなものかというと・・・

 

 

 

1.「神戸モロゾフ製菓の広告」説

 

この説は、神戸モロゾフ製菓というお菓子会社が
1936年(昭和11年)に英字新聞に掲載した

 

「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」

 

という広告を由来とする説です。

 

 

これまでバレンタインデーに関する数多くの広告が
様々な媒体に掲載されてきたかとは思うのですが、
神戸モロゾフ製菓のこの広告が先駆けだと言われています。

 

 

 

2.「メリーチョコレートのバレンタインセール」説

 

この説は、1958年(昭和33年)にメリーチョコレートというお菓子会社が
伊勢丹で行ったバレンタインセールが由来であるとする説です。

 

 

当時、メリーチョコレートにアルバイトとして勤めていた現社長が、
ヨーロッパに住んでいた先輩から聞いた

 

「ヨーロッパでは、花やカード、お菓子などを
恋人やお世話になった人に贈るバレンタインという風習がある」

 

という話をヒントにしてバレンタインセールの企画を作り、
伊勢丹新宿本店へその企画を持ち込んで実施したというものです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

・・・、という2つの説が
バレンタインデーにチョコレートをあげるようになった由来として
有力な説だと言われています。

 

 

では、この2つの説のうち、
一体どちらが本当の由来なんでしょう!?

 

それは・・・

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

実は現在も分かっていないんです。

 

 

ですので、バレンタインデーにチョコをあげるようになった由来に関しては

 

  • 本当の由来は分かっていない
  • 但し、「神戸モロゾフ製菓の広告」説と「メリーチョコレートのバレンタインセール」説が有力

 

という点を抑えておけばと間違いはありませんよ〜。

 

 

 

因みに、

 

  • ”バレンタインセール”というキャンペーンを考え、
  • 実際に百貨店内でチョコレートを売り始めた

 

という点において、

個人的には

 

「メリーチョコレートのバレンタインセール」説

 

の方が由来と言えるのではないかと思うのですが、
あなたはどう思いますか??

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は
『バレンタインデーにチョコをあげるようになった由来』
についてご紹介してきました。

 

 

ご紹介した内容を簡単に纏めると、

 

  • バレンタインデーにチョコレートをあげるようになった由来には多くの説がある
  • その中でも有力なのは「神戸モロゾフ製菓の広告」説と「メリーチョコレートのバレンタインセール」説の2つ
  • ただし、現時点ではどの説が本当の由来かは分かっていない
  • 個人的には「メリーチョコレートのバレンタインセール」説を由来とするのが良いのではないかと思う

 

となります。

 

 

今回ご紹介した内容を、是非参考にして頂けたらと思います!!

 

 

では今回はこの辺で。
最後までお読みいただき有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150318
  2. 20150921
  3. 20150915

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP