気になるマメ知識。

バナナは本当におやつに入る!?カロリーが1本何Kcalか調べてみた

スポンサードリンク


バナナは本当におやつに入る!?カロリーが1本何Kcalか調べてみたあなたは、平日の朝食って何を食べる事が多いですか??

 

私は会社に行く途中にあるコーヒーショップで済ませる事が多いです。

 

 

ですが、実はこれをちょっと家で”バナナ”を食べる事に変えてみようと思ってるんです!!

 

何故かというと、朝は消化が良くて酵素が入ったフルーツが良いって話もあるんですが、もちろん”ダイエット”のためでもあったりします。

 

“朝バナナ”なんて言葉が商標登録されているくらい、ど定番と言っても過言ではない”バナナ”を使ったダイエットに私もチャレンジしてみようかなぁ~って思ったんです。

 

 

ただ一つ、不安な事があるんです。

 

 

それは何かというと

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

「バナナはおやつに入りますか!?」

というフレーズです。

 

 

遠足前の定番ともいえるこのフレーズ、もちろん甘いものを少しでも持っていきたいと思う子供の頓智(とんち)が発症だとは思ってはいるんですよ。

 

 

でもですよ・・・、

 

 

もしこのフレーズの語源が文字通り、バナナというのは、古くはおやつの1つとして考えられていたのだとしたら・・・。

 

 

バナナはダイエットに良いって世間では言われていますが、

 

バナナ = おやつ

おやつ = お菓子

お菓子 = 高カロリー

高カロリー = バナナ

 

って可能性だってあり得ると思いませんか??

 

 

なので心配性は私はバナナは本当におやつに入るのか、バナナのカロリーを調べてみる事にしました。

で、今回はその結果がどうだったかのかをあなたにシェアさせていただきたいと思います!!

 

20160209_1

 

バナナ1本あたりのカロリーは何Kcal!?

 

では、まず最初はバナナ1本あたりのカロリーからシェアしたいと思います。

 

 

バナナ1本あたりのカロリーは一体どれくらいかというと

 

 

・・・

 

・・

 

 

“120~130Kcal”となります。

 

 

「”120~130Kcal”って、何課中途半端な言い方ですね!?もっとビシッ!!と『XXXKcalだぜ!!』って言えないんですか』

 

もしかしたら、あなたはそんな風に思ったかもしれませんね。

 

 

私もできれば言い切りたいんですが、残念ながらそうもいかないんです・・・。

 

 

勘の良い方ならもうお分かりかもしれませんが、バナナは1本1本で重さが違うので、きっちりと言い切る事が難しいんです。

 

 

上でご紹介したカロリーも、平均的なバナナの1本あたりの重さである140g~150gだった場合のカロリーなんです。

 

 

ですので、ミニバナナだった場合はもっと低カロリーですし、大きなバナナであればカロリーは高くなるという事になります。

 

 

 

因みに、100gあたりのバナナ(の可食部(=皮をむいたバナナ))のカロリーは“86kcal”だと言われています。

 

 

もし、自分が食べているバナナのカロリーをより正確に知りたい、という場合には、この100gあたりのカロリーを使って調べてみていただければと思いますよ~。

 

 

 

バナナはおやつに(カロリー的に)入るのか!?検証してみた

 

では、そんなバナナは本当に(カロリー的に)おやつに入るのか!?

コンビニなどで売られているお菓子と比較してみたいと思います。

 

20160209_2

 

 

今回比較するのは、お菓子の中でもよく売れていると言われる

 

  • じゃがりこサラダ60g(カルビー)
  • 亀田の柿の種6袋200g(亀田製菓)
  • キットカットミニ(ネスレ)
  • カントリーマアム バニラ&ココア(不二家)
  • ポテトチップス うすしお味60g(カルビー)
  • ガーナミルク(ロッテ)
  • かっぱえびせん90g(カルビー)
  • はっぴたーん120g(亀田製菓)
  • ミルクチョコレート(明治)
  • ポテトチップス コンソメパンチ60g(カルビー)

 

と代表として選出して、バナナと比較してみました。

 

 

では、これらのお菓子のカロリーと比べて、バナナのカロリーは高いのか??それとも低いのか??

 

その結果は、↓↓↓です!!

 

商品名 カロリー
じゃがりこサラダ 60g 298Kcal
亀田の柿の種 6袋 200g 157Kcal(1袋あたり)
キットカットミニ 64Kcal(1個あたり)
カントリーマアム バニラ&ココア 56Kcal(1個あたり)
ポテトチップス うすしお味 60g 337Kcal
ガーナミルク 309Kcal
かっぱえびせん 90g 442Kcal
はっぴたーん 120g 21Kcal(1個あたり)
ミルクチョコレート 307Kcal
ポテトチップス コンソメパンチ 60g 335Kcal

 

 

バナナが1本で”120~130Kcal”ですから、それと比べると高カロリーなものばかりですよねぇ~!?
(バナナよりカロリーが低いものは”1個あたり”のものばかりですし)

 

 

ですので、この結果からカロリーという側面で見た場合、バナナはお菓子に属するものではないと言えます。

 

 

つまりは

 

「バナナは(カロリー的には)おやつには含まれない!!」

 

というワケです!!

 

スポンサードリンク


 

 

朝食メニューと比べてバナナのカロリーって高いの??それとも低いの??

 

“バナナ vs お菓子”のカロリー対決という”アントニオ猪木 vs モハメド・アリ”を彷彿とさせる異種格闘技戦(古い^^;)で無事勝利を収めたバナナですが、じゃあ実際に”朝バナナ”を始めるか!!って考えると、

 

「あれ!? バナナのカロリーって、他の朝食メニューのカロリーよりもホントに低いんだっけ??」

 

てのが気になるんじゃないかと思うんです。

 

 

なので、一般的な朝食メニューのカロリーとも比べてみたいと思います!!

 

20160209_4

 

 

因みに、今回、朝食メニューとしてピックアップさせていただいたのは

 

  • トースト 1枚
  • ごはん お茶碗1杯
  • コーンフレーク 一食分[40g](ケロッグ)
  • オールブラン 一食分[40g](ケロッグ)

 

の4つになります。

 

 

もしかしたら

 

「えっ、味噌汁は??」
「ヨーグルトとは比べないの??」

 

と思ったかもしれません。

 

 

確かに味噌汁やヨーグルトなど、朝食に食べる物は他にもたくさんあるとは思うんです。

 

 

ただ、今回は朝ごはんをバナナに変えるかどうかが目的なので、

 

「主食的メニュー vs バナナ」

 

という形をマッチコミッショナー(私)の判断でとらせていただきました。

どうぞご了承ください(苦笑)。

 

 

 

それでは、早速見ていきましょう!!

 

上でご紹介した朝食メニュー(主食)達は一体何Kcalあるか、その答えは以下の通りです。

 

品名 カロリー
トースト 1枚 249kcal
ごはん お茶碗1杯 168Kcal
コーンフレーク 一食分(40g) 149Kcal
オールブラン 一食分(40g) 133Kcal

 

 

バナナのカロリーは1本あたり”120~130Kcal”なので、一般的な朝食メニュー(主食)と比べるとバナナの方がカロリーが低いという事になります。

 

 

なので、

 

「朝食をバナナに代えるのは、ダイエットに効果がありそう」

 

という事が言えそうです。

 

 

あっ、当たり前ですが、せっかく朝食をバナナに代えても、バナナと一緒に高カロリーなものを食べてしまったらダイエットの効果は無くなってしまうので、そこは注意してくださいね(苦笑)。

 

 

 

他の果物に比べてバナナのカロリーって高い??低い??

 

とまぁ、朝食メニュー達との死闘にも勝利したバナナなんですが・・・、他の果物と比べたるとどうでしょうね!?

 

 

気になって調べてみてたので、これもシェアさせていただきますね!!

 

20160209_3

 

 

因みに、バナナと比較する果物ですが、人気が高いと言われている

 

  • いちご
  • みかん
  • りんご
  • メロン
  • ぶどう
  • スイカ
  • さくらんぼ

 

の計10種をチョイスしてみましたよ。

 

 

では、これら果物のカロリーは一体何Kcalになるのか!?

 

その結果は↓↓↓です。

 

果物 カロリー
いちご 34Kcal
みかん 45Kcal
40Kcal
43Kcal
りんご 54Kcal
メロン 42Kcal
ぶどう 59Kcal
スイカ 37Kcal
60Kcal
さくらんぼ 60Kcal

 

※100gあたりのカロリーです。

 

 

バナナの100gあたりのカロリーが”86kcal”ですから、他の果物と比べてるとバナナって高カロリーだと言えますね!!

 

 

 

カロリーが高いのにバナナがダイエットに向いてると言われるワケ

 

・・・

 

・・

 

 

 

「はぁ~~っ?バナナが他の果物よりもカロリーが高い??何でそうなるの???」
もしかしたら、そんな風に思ったかもしれません!?

 

 

バナナはダイエットに適した食べ物って言われているにも関わらず、果物の中でカロリーが高い部類に入るって・・・、めっちゃ違和感を感じると思うんですよ、きっと。

 

だって、私も最初そう思いましたしw。

 

 

確かにバナナは他の果物に比べるとカロリーが高いんです。
ですが、バナナって実は

 

  • 消化酵素(アミラーゼ)が含まれているため、消化吸収が早い
  • ビタミンB類が含まれているため、脂肪燃焼が促進される
  • 食物繊維を多く含んでいるので、整腸効果も高い

など、といったカロリーだけでは測れない特殊能力を持ってるんです。

 

 

一般的に言われている”バナナはダイエットに適している”というのって、実はそれらの特殊能力も踏まえた上で、総合的に見た結果として言われているものなんです!!

 

 

なので、カロリーが少し高いからと言って、

 

「マジでか・・・!?うわぁ~、騙された・・・。」

 

って思う必要はないので、安心してくださいね!!

 

 

でも、だからと言って、

 

「じゃ、じゃあ、お菓子もカロリー高いけどダイエット効果があるんじゃ・・・」

 

と思ったあなた、それはちょっと夢を観すぎです(苦笑)。

 

 

さすがにお菓子では(私が知らないだけかもですが)そんな事はないので、どうぞご注意を!!

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、バナナのカロリーについてあれこれご紹介してきました。

 

 

ご紹介した内容をまとめると

 

  • バナナのカロリーは1本あたりで120Kcal~130Kcal
  • バナナのカロリーはお菓子に比べて低いので、バナナは(カロリー的には)おやつには含まれないと言える
  • バナナのカロリーは、一般的な朝食メニューの主食と比べるとカロリーが低い
  • バナナのカロリーは他の果物と比べると、実は高カロリー
  • しかし、含まれる栄養素など総合的に鑑みてバナナはダイエット向き食べ物だと言われている

 

となります。

 

 

私と同じ様に、もしダイエットのためにバナナを食べようかなぁと思っているのであれば、今回ご紹介した情報をぜひ参考にしていただけたらと思いますし、そうしていただけると嬉しいです。

 

 

では、今回はこの辺で。
最後までお読みいただき有り難う御座います!!

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150818
  2. 20150205
  3. c059fd665082272f91eebbbbb6b5fd49_s
  4. 20160104_1
  5. 20150904
  6. 20150219

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP