気になるマメ知識。

トイレの便器内にできる黒ずみの原因とその落とし方!!

スポンサードリンク


トイレの便器内にできる黒ずみの原因とその落とし方!! 

仕事が忙しいと、
つい家事をサボってしまいませんか?

 

 

平日は残業三昧だし…、
土日祝日はその分ゆっくり寝たいし…。

 

 

そうなってしまうと、どうしたって
家事は疎かになってしまうかと思います。

 

 

特に掃除の場合、炊事・洗濯と違って
自分さえ我慢できればサボっても生活はできてしまうので、
サボってしまいがちなんじゃないかと思うんです。

(私もサボりますし…(苦笑))

 

 

ただ、特にトイレ掃除をサボっていると、
トイレの水が溜まる部分に
黒ずみができてしまう事があるんです。

 

 

なので、疲れているとは思うのですが、
こまめに掃除する事をお勧めしたいんですが、

「お勧めが遅いです、うちのトイレにできちゃっています…」

という方も中にはいらっしゃるのでは?と思います。

 

 

そこで今回は、そんな方のために、

「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」

についてご紹介したいと思います。

 

20150701

 

 

 

トイレにできる黒ずみの原因

 

ではまずは、
トイレにできてしまう黒ずみの原因
をご紹介したいと思います。

 

 

黒ずみの原因は、

 

・・・

 

・・

 

 

『カビ』です。

 

 

トイレの汚れを放置しておくと

その汚れを栄養にしてカビの繁殖を始めます。

 

 

繁殖したカビは、
水溜まりと便器の接地部分の汚れ(水垢)に付着して繁殖を続け、
トイレ表面の凹凸に侵食する事で輪の様な黒ずみになって、
私たちの目に見えるようになるというわけです。

スポンサードリンク



 

トイレにできた黒ずみの落とし方

 

では、もし黒ずみができてしまった場合、
どのように落としたら良いかを次にご紹介します。

 

 

黒ずみの落とし方ですが、

大きく分けると

 

・塩素系の洗剤を使う
・水性ペーパーを使う

 

という2つの方法があります。

 

 

 

1.塩素系の洗剤を使う

 

先ほどもご説明しましたが、
黒ずみの原因が「カビ」です。

 

 

という事は、
カビを分解・漂白するのに効果のある

塩素系の洗剤を使うのが最も効果です。

 

 

そのため、まずは塩素系の洗剤を使って、
黒ずみが落とせないか試してみる事をお勧めします。

 

 

 

手順としては、

 

1.黒ずみ部分が水溜まりの水に触れない様に水溜まりの水を少し抜き取る。

2.黒ずみ部分にトイレットペーパーをあてる。

3.トイレットペーパーの上から塩素系のトイレ用洗剤をかけてしばらく待つ。

4.こすって汚れを落とす。

 

になります。

 

 

 

因みに、トイレットペーパーの上からトイレ用洗剤をかけるのは、
しつこいカビの汚れを落とすため、
トイレ用洗剤が黒ずみの箇所に長時間あたった状態にするためです。

 

 

もし、トイレットペーパーをひかずにトイレ用洗剤をかけた場合、
すぐに流れてしまい、黒ずみに洗剤を十分にあてる事ができなくなる
というわけです。

 

 

 

また、この落とし方をする際の注意点は、

 

・換気を良くしてから実践する事。
・複数の洗剤を併用して使わない様にする事。

 

という点です。

 

 

特に、酸性タイプの洗剤や食酢・アルコール等と
塩素系の洗剤が混ざると有毒ガスが発生するため、
とても危険です。

 

 

ですので、複数の洗剤を併用して使う事は、
絶対に避けてくださいね。

 

 

もし使う場合は、一方の洗剤を使い、
その洗剤を水でしっかり洗い流し、空気を入れ替えてから
もう一方の洗剤を使う様にしましょう。

 

 

 

2.水性ペーパーを使う

 

もし、上でご紹介した方法で黒ずみが消えない場合は、
市販の水性ペーパーで一番目の細かいものを購入し、
黒ずみ部分を削って綺麗にするという方法もあります。

 

 

ただ、この方法の場合
いくら目の細かい水性ペーパーで優しく削ってもも
トイレに細かな傷は付いてしまいます。

 

 

ですので、もしトイレの黒ずみと細かな傷を天秤にかけ、
どちらが良いかを判断された上で、
この方法を実践される事をお勧めしますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」
についてご紹介してきました。

 

 

最後にお話した内容を簡単に纏めると、

 

・黒ずみの原因は「カビ」。
・黒ずみを落とすには、塩素系の洗剤を使った方法が一般的。
・洗剤で黒ずみが落ちない場合、水性ペーパーを使って落とす方法もある。

 

という感じですね。

 

 

是非、ご紹介した情報を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき有り難う御座いました。

 

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150304
  2. ba6ec0de-s
  3. 20150126
  4. 20141225
  5. 20150330

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP