気になるマメ知識。

低カロリーなメニューが豊富なサブウェイは食べ過ぎの味方!

スポンサードリンク


低カロリーなメニューが豊富なサブウェイは食べ過ぎの味方!

こんばんは。

ご飯が美味しい秋~冬の季節は往々にして、
食べ過ぎてしまいますよね。

とくに忘年会や新年会、
クリスマスにお正月などイベントも沢山あるので、
分かちゃいるけど・・・ってことも。

さらに季節的にも寒さが深まるので、
外に出て運動をするというのも、
億劫になってしまうのではないでしょうか。

なるべくご飯の量は少なくしたくないけど体重は増やしたくない、とか
食べ過ぎちゃったのでダイエットをしたい、
そんな人にオススメしたいのが「サブウェイ」です。

サブウェイ(英語: SUBWAY)は、アメリカ合衆国に本社を置くファーストフードチェーン店。サブマリンサンドイッチという長楕円形のサンドイッチを主力商品としており、世界店舗数は2013年1月時点で3万8374店と、マクドナルドの約3万4000店を超える世界最大の飲食店チェーンである。(ウィキペディアより)

「サブウェイ」の魅力は主力のサンドイッチがボリューム満点、
にもかかわらずかなり低カロリーという点です!

一例を挙げると、
ベジーデライト:219kcal

subway_1

ターキーブレスト:273kcal

subway_2

アボカドベジー:272kcal

subway_3

BLTレギュラー:327kcal

subway_4

サンドイッチ全商品の平均カロリーを計算してみても”332.3Kcal”と、
かなり低カロリーでした。

(サイズはレギュラー、パンはウィート、ドレッシングは、
各サンドのおすすめのドレッシングとした場合で計算しました)

ちなみに、

マクドナルドのチーズバーガー:”324Kcal”
モスバーガーのモスバーガー:”387Kcal”

なので、比較するとサブウェイ商品のカロリーの低さがさらに分かりますよね?

かくいう私も以前体重が人生最大級(80kgオーバー)に増えてしまった際に、
サブウェイにお世話になっていまして、
お昼は必ずサブウェイの低カロリーサンドイッチを食べるという、
”サブウェイダイエット”を行っ実践していました。

スポンサードリンク


その結果は・・・

・・・

・・

人生最大級(50kg台)まで痩せることに成功しました!

そこまで痩せるつもりはなかったのですが、
リズムに乗って日々食べていて、
気づいたら痩せていたって感じです。

あっ、もちろん朝や夜も抑えはしたのですが、
昼にサブウェイのボリューミーかつ低カロリーのサンドイッチを食べることで、
満腹感が生まれ、結果的に他の食事を抑えられたのだと思っています。

世界店舗数が3万8374店(2013年1月時点)と言われていますが、
日本ではなかなか店舗がなく利用頻度が少ないかもしれませんが、
もし、最寄りでお店を見つけた際には、
ダイエットの強い味方として利用してみてはいかがですか?

では、今日はこの辺で~。

PS.

サブウェイはサンドイッチも低カロリーですが、
実はサイドメニューもかなりカロリーが低いので、結構オススメです。
ポテトのSで約160Kcalは、他のファーストフードと比べても、群を抜いてカロリーが低いです。

PS2.

噂では、サブウェイのメニューにサンドイッチの『パン抜き』というものがあるそうです。
都市伝説なのかどうなのか・・・今度試してみようと思います。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150118-2
  2. 9a35971d83b897e91b4d4f3b6c76a44d_s
  3. 93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s
  4. 20150319
  5. 20150630
  6. 20150228

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP