気になるマメ知識。

入社式の挨拶を頼まれたら先輩社員はこんな風に挨拶しよう

スポンサードリンク


入社式の挨拶を頼まれたら先輩社員はこんな風に挨拶しよう入社式に新入社員への挨拶を行う先輩社員は、
入社2年目の若手から選ばれる事が多いみたいですね!?

 

 

まぁ確かに、新入社員の立場から考えると
年齢の離れた社員よりは、自分と年齢が近い社員の話を聞いた方が
参考になって良いのかもしれませんね!?

 

 

ただ・・・、

 

 

挨拶を任された側からすると、
たまったもんじゃないですよねぇ〜。(苦笑)

 

 

入社2年目だと、人前で話す機会もそれほど多くはないでしょうし、

 

「一体、どんな事を話せばいいんだ・・・???」

 

と悩んでしまうんじゃないかと思います。

 

 

特に、人前で話す事が苦手な人にとっては
正直胃が痛いんじゃないかと思うんですよね。

 

(私も人前で話すのは得意ではないので、

そういう人の気持ちはよく分かります(苦笑))

 

 

そこで今回は、そんな悩みを少しでも解消してもらうため

 

『入社式の挨拶を依頼されたら

先輩社員はどんな事を話せばいいのか!?』

 

についてご紹介したいと思います。

 

 

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!!

 

 

 

入社式の挨拶で重要な話の流れとその内容

 

さて、では早速

 

『入社式の挨拶を依頼されたら

先輩社員はどんな事を話せばいいの』

 

についてお話したいと思います。

 

 

入社式の挨拶の流れと内容なのですが、
あなたにお薦めするのは

 

  1. 入社のお祝いをする
  2. 自分がどんな仕事に携わっているのかを紹介する
  3. そんな仕事を通じて得た気づき・社会人の心構え等を伝える
  4. 今後に向けた激励で挨拶を締める

 

という流れで話すという事です。

 

 

1.入社のお祝いをする

 

入社式の挨拶でまず始めに話す事は、何と言っても
「新入社員に対する入社へのお祝いを述べる」
という事です。

 

 

「皆様、入社おめでとうございます。」
「入社おめでとう!!」
などなど。

 

 

入社式の主役はあくまで新入社員の皆さんですから、
まずは、彼ら彼女らの晴れの門出をお祝いしてあげてください。

 

 

2. 自分がどんな仕事に携わっているのかを紹介する

 

次に話すのは、
「自分が何者なのか」
という事です。

 

 

せっかく新入社員への入社のお祝いを伝えても、
あなた自身の事を説明しないと

 

「”入社おめでとう”って言われたけど・・・、
そもそも、あの人は何者なんだ??」

 

ってなってしまいます。

 

 

ですので、

 

  • あなたが誰で
  • どんな立場(新卒2年目)で
  • どんな仕事をしてきたか、しているか

 

などを、新入社員に伝えてください。

 

 

3. そんな仕事を通じて得た気づき・社会人の心構え等を紹介する

 

その次に話すのは、
「仕事を通じて得た気づきや社会人の心構え等を紹介する」
という事です。

 

 

先ほど、「どんな仕事をしてきたか、しているか」を伝えようとお話しましたが、

3.では、その仕事を通じて得た気づきや、社会人に必要な心構えなどを紹介してください。

 

 

特に、あなたが新入社員として仕事してきた中で

 

「これを入社当時から知ってたらなぁ・・・」

 

と思った事を、具体的な経緯などを交えて話すと喜ばれます。

 

 

 

ですので、これまでの棚卸の意味も兼ねて

是非、あなたのこれまでの社会人経験を振り替えっていただき、

新入社員に伝えられそうな事を考えてみてください!!

 

 

4. 今後に向けた激励で挨拶を締める

 

そして、最後は

 

「皆さんの活躍を期待しています!!」
「一緒に頑張ろう!!」

 

といった気持ちを込めた激励メッセージで挨拶を締めましょう。

 

 

“終わり良ければ全て良し”なんて諺(ことわざ)もありますが、
挨拶の最後の印象がその挨拶自体の印象を決めますので、
熱の入った一言で締める事をオススメですよ!!

 

スポンサードリンク


 

入社式の挨拶をする前に抑えておいて欲しい大事なポイント

 

・・・と、ここまでご紹介してきました

 

  1. 入社のお祝いをする
  2. 自分がどんな仕事に携わっているのかを紹介する
  3. そんな仕事を通じて得た気づき・社会人の心構え等を伝える
  4. 今後に向けた激励で挨拶を締める

 

という流れ&話す内容を抑えておけば

入社式の挨拶を失敗する事はまずありませんので、

是非、この流れで挨拶を考えてみてください!!

 

 

ただですね・・・、

 

 

実は、ここまでご紹介してきた流れ&話す内容と合わせて、
必ず抑えておいてほしい重要はポイントがもう1つあるんです!!

 

 

そのポイントとは何かというと

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

あなたは会社から

 

『入社2年目の社員の中で、挨拶をするに値する人物として選ばれた』

 

という事です!!

 

 

入社式の挨拶を会社から頼まれた際に、もしかしたら

あなたはこんな風に考えてしまったんではないでしょうか!?

 

「自分なんかが入社式の挨拶をして良いんだろうか・・・」と。

 

 

確かに、大勢の前で話機会もまだ多くないでしょうし

そんな風に考えてしまっても仕方ないかと思います。

 

 

ただですね・・・、

 

 

少し考えてみて欲しいのですが、

あなたの同期って一体何人くらいいますか!?

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

少なくとも数名、多い場合は数百名の同期がいますよね!?

 

 

では、それだけの同期の中で、

どうして会社はあなたに挨拶を依頼したと思いますか??

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

それはもちろん

 

『あなたになら入社式の挨拶を任せても大丈夫だ!!』

 

と上司や人事の方々が考えたからです。

 

 

つまり、あなたを評価する側から見たら、

あなたは入社式で挨拶をする力が既に備わっている

と客観的に判断したという事になるわけです。

 

 

大抵の場合、人が自己評価をする時というのは、

自分を大きく見積ってしまうか、または小さく見積もってしまうため

あまりあてになりません。

 

 

それに比べると、他者の評価というのは、

上振れや下振れが少ない場合が多いものです。

 

 

自分を評価する上司であれば、

尚の事、正当に評価を下してくれているはずです。

(正当に評価しないと、その人自身の評価が下がりますね)

 

 

そんな人達が”できる”と思って指名してくれたわけですから、

もし今でも

 

「私なんかが入社式の挨拶をして良いんだろうか・・・」

 

と思っているのであれば、その心配は無用です。

 

 

選んでくれた人達のためにも
是非とも自信を持って

入社式の挨拶に臨んでみてください!!

 

 

* * *

 

 

というのが、挨拶の流れ&話す内容と合わせて

あなたに確実に抑えておいてほしいポイントになります!!

 

 

自信を持って話さないと、

聞いている新入社員も

 

「この会社は大丈夫なのかなぁ・・・」

 

と心配してしまうので、

是非”自信”を持った状態で挨拶に臨む

というのは抑えておいてほしいです。

 

 

 

まとめ

 

という訳で今回は、

 

『入社式の挨拶を依頼されたら

先輩社員はどんな事を話せばいいのか!?』

 

についてご紹介してきました。

 

 

ここまで長々とご紹介してきましたが、
入社式の先輩社員からの挨拶で抑えるべきポイントは

 

  1. 入社のお祝いをする
  2. 自分がどんな仕事に携わっているのかを紹介する
  3. そんな仕事を通じて得た気づき・社会人の心構え等を伝える
  4. 今後に向けた激励で挨拶を締める

 

という挨拶の流れ&話す内容と

 

  • あなたは会社から選ばれたんだ

 

という自信です。

 

 

このポイントを抑えて挨拶を考えていただき、
是非、あなたの挨拶で新入社員の皆さんを

会社に迎え入れてあげてください。

 

 

では今回はこの辺で。

 

最後までお読みいただき、
誠にありがとうございました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150927
  2. 20151007
  3. 20150704
  4. 20160113
  5. 20150520
  6. 20151014

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP