気になるマメ知識。

浴衣の着方を左前にするのは非常識!?正しい合わせ方を調べてみた

スポンサードリンク


浴衣の着方を左前にするのは非常識!?正しい合わせ方を調べてみた 

夏のお祭りや温泉などで着る事が多い浴衣ですが、
その着方で迷ってしまう方が多いようですね!?

 

特に、
「浴衣の合わせは右前が正しいの?それとも左前??」
という事で悩んでしまう方が結構いるようです。

 

せっかくお祭りに合わせて新しく浴衣を用意したにも関わらず、

「浴衣を合わせは右側を前にするの?、
それとも左??・・・一体どっちだぁ〜???」

と悩んで、結局洋服にしてしまうなんて事になったら、
悲しいですよね。。。

 

そこで今回は、
「浴衣の正しい合わせ方は右前?、それとも左前?」
についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

 

浴衣の正しい合わせは「右前」!!

 

見出しで答えを書いてしまったですが(苦笑)、
浴衣は「右前」で合わせてのが正式な着方になります。
(この着方は男女共通の正しい着方です)

 

間違って「左前」で来てしまうと、
死んだ人が着る「死装束」の着方になってしまいます。

 

折角、彼氏or彼女と温泉に行ってシッポリ・・・って時に、
死装束の姿を相手に見せることになっちゃいますから、
注意してくださいね。

 

 

また、もう1つ注意が必要なのが、
「右前」とはどういう状態か
ということです。

 

「右前」というと、
右側の襟が外側に来ている状態
と考えてしまいがちです。

 

ただ、実はそれは間違っていて、
右側の襟が内側(自分の体の側)に来ている状態を、
「右前」と言います。

 

 

なので、浴衣の合わせ方としては、

1.自分の右側の襟から伸びた着物を体に巻き、
2.次に右側の襟から伸びた着物をその上に被せる

というのが正しい着方になります。

 

で、最終的に

20150329_2

と同じ状態になっていればOKとなります!

 

結構勘違いされる方がいるので、
ここは注意してくださいね。

 

 

 

 「浴衣=右前」を覚えておくと便利な理由

 

この「浴衣=右前」を覚えておくと、
他にも応用が効かせられます。

 

例えば、私は昔、剣道をしていたのですが、
剣道の道着も「右前」に来るという作法になっていました。

 

もちろん、柔道や弓道なども同様で、
すべて「右前」の着方になっています。

 

つまり、
日本の着物っぽい衣服は、全て「右前」
は鉄板と言う訳です。

 

なので、今回「浴衣=右前」を覚えておけば、
今後、日本の着物系衣服を着る際に迷うことが無くなるので、
今の内に覚えてしまった方が後々便利ですよ。

 

20150329

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
「浴衣の正しい合わせ方は右前?、それとも左前?」
についてご紹介してきました。

 

お伝えしてきたことを簡単に纏めると、

・浴衣の合わせは「右前」にするのが正しい。
・「右前」は、右側が自分の体の側に来ている状態。
・日本の着物系の衣服は、基本的に「右前」なので、覚えておくと、他でも応用が効く。

となります。

 

今回ご紹介した内容を、是非活用いただけたら嬉しいです!

 

ではでは、今回はこの辺で。
お読みいただき、有り難う御座いました。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150115
  2. 20150914
  3. 20150530
  4. 20151105_1
  5. 20150901

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP