気になるマメ知識。

おみくじの待ち人の意味は好きな人じゃない!!本当の意味を教えます

スポンサードリンク


おみくじの待ち人の意味は好きな人じゃない!!本当の意味を教えますお正月になると初詣へ出かける方が多いと思うんですが、初詣に行くとどうしてもやってしまうものといえば

 

「おみくじ」

 

ですよね!?

 

 

そんなおみくじの結果に、よく

 

「待ち人来たる」
「待ち人来ず」

 

という一文が書かれている事がありますが、この

 

『待ち人』

 

って、あなたは意味わかりますか!?

 

 

なんとなく理解できている気でいるものの、いざ

 

「「待ち人」というは・・・、???」

 

といざ言葉にしようとすると、きっとうまく説明するのって難しいと思うんです。

 

 

 

そこで今回は、そんな
「おみくじに書かれている待ち人って、どういう意味!?」

 

についてご紹介したいと思います。

 

20150923

 

 

おみくじの「待ち人」の意味

 

では早速、おみくじの「待ち人」の意味についてお話していきたいと思います。

 

 

* * *

 

 

おみくじで「待ち人」という語を見た時、きっと多くの人が真っ先に思い浮かべるのは

 

「待ち人」=(自分の)好きな人

 

なんじゃないかと思います。

(あなたはどうですか??)

 

 

確かに「待ち人」を好きな人と捉えるのは、あながち間違いじゃないんです。

 

 

ではないんですが、「待ち人」の本来の意味から考えると好きな人では実は不十分なんです!!

 

 

では「待ち人」の本来の意味は一体どういうものかと言うと、それは・・・

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

『あなたの運命を良い方向に導いてくれる人』
という意味になります。

 

 

つまり、運命を好転させてくれる人なので、好きな人は勿論

 

  • 友人・知人
  • 転職を勧めてくれたアドバンザーさん
  • 健康のために運動を勧めてくれたトレーナーさん

 

なども「待ち人」に含まれるというわけなんです!!

 

 

因みに、「待ち人」が

 

『あなたの運命を良い方向に導いてくれる人』

 

という事は、好きな人があなたの運命を良い方向に導かない人なのであれば、その人はあなたの「待ち人」ではないとも言えるわけですよねぇ〜(ーー;)

 

 

ですので、もしおみくじで”待ち人来たる”が出た時も
「やったー!! 今年はあの人と付き合えるかも〜♪」
と安易にはしゃがない方が良いかもしれませんね(苦笑)

 

スポンサードリンク


 

 

おみくじで「待ち人来ず」を引いた際の対処方法

 

さて、「待ち人」には『あなたの運命を良い方向に導いてくれる人』という意味とご紹介しましたが、これをお読みの方の中にはおみくじで

 

「待ち人来ず」

 

という内容を引いてしまった方がいるかもしれません。

 

 

そして、この記事で「待ち人」の意味を知り

 

「私を良い方向に導いてくれる人、今年は現れないですね・・・(ToT)」

 

と考えてしまった方もいるんじゃないかと思うんです。

 

 

・・・

 

・・

 

 

 

でも、ご安心ください!!!!!

 

 

おみくじの効力は、そのおみくじを引いた本人の気持ちに由来すると言われているんです。

 

 

ですので、もし「待ち人来ず」といった悪い結果が出たとしても、

 

「今日引いたおみくじは悪かったなぁ〜。でもこの効力は1週間だし、無問題!!」

 

と思ってしまえば、引いたおみくじの効力は1週間で切れると言われているんです。

 

 

要は、気持ちひとつで、おみくじの効力が続くか、切れるかが決まってくるので、「待ち人来ず」のような良くない結果を引いてしまった場合はスパって切り替えてしまえばOKというわけです。

 

 

余談ですが、以前私もお正月の初詣で「大凶」を引いた事があったのですが、上でご紹介した話を知っていたので、

 

「あーぁ、大凶引いちゃったよ。でもまぁ、効力は1週間だけだし、いっか!!」

 

と切り替えた結果、一週間後に別の神社で引いたおみくじで、なんと「大吉」が出すというミラクルを起こした事があります。(苦笑)

 

 

このように、おみくじは引いた本人の気持ちひとつで変わるので、もしあなたがおみくじで「待ち人来ず」が出してしまっていたとしてもあまり引きづらずに、自分に都合良く解釈してしまうのをお勧めしますよ〜!!

 

 

逆に、良い結果が出た場合は、

 

「大吉キター!! これで今年1年良い事尽くめだ〜♪」

 

と考えてしまうのもアリなので、おみくじが良かった人も、同じように自分に都合良く解釈しちゃいましょう!!

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回は、
「おみくじに書かれている待ち人って、どういう意味!?」
についてお話をしてきました。

 

 

ご紹介した内容を簡単にまとめると、

 

  • おみくじの待ち人には『あなたの運命を良い方向に導いてくれる人』という意味がある
  • おみくじの結果は、本人の考え方次第で変わるので、「待ち人来ず」など悪い結果を引いた場合は、自分に都合良く解釈するのがおオススメ!!

 

となります。

 

 

おみくじを引く際には、是非今回ご紹介した内容を踏まえて、おみくじに書かれている内容を読んでみて貰えればと思います〜。

 

 

また、もしあなたの周りで「待ち人」の本当の意味を知らない方がいたら、今回お話した内容を是非その人にも伝えていただけたら嬉しいです!!

 

 

では今回はこの辺で。
最後までお読みいただき有り難う御座いました。

 

 

 

PS.

先ほど、自分が引いたおみくじは都合良く解釈して大丈夫とお伝えしましたが、

 

「「末吉」かぁ〜。あっ、でもこのおみくじの効力は1秒だけなんで、無問題!!」

 

・・・(1秒経過)・・・

 

「さて、おみくじの効力も切れたところで、もう一回おみくじ引くか!!」

 

といったように、良い結果が出るまで連続しておみくじを引き続けるのは良くないと言われています。

 

 

 

ですので、おみくじの結果が良くなかったのでもう一回引きたいという場合は、ちゃんと期間を空けてから引く様にしてくださいね。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

 

 

あわせて読みたい

  1. 20150921

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP